クロスとタイル貼ればそれなりに

ボードゲームカフェBRESPIのうままです。

内装工事屋のブログになりつつありますが。

 

内装工事はクロス貼り、タイル貼りしてました。

カウンターの背面に緑のタイルを貼っているのですが、

想像よりも色が暗くて、そしてタイル一個が割とデカッ!!あせ

 

壁にはクロスがほぼほぼ貼られていました。

クロスの感じは伝えるのが難しいんですけど、漆喰ににた感じのクロスです。

 

トイレのタイル張りも絶賛工事されていたのですが、

この日、左官屋さんとクロス貼る作業の方が入り混じってまして、

トイレ付近に職人さんが多かったので写真ないです。

 

 

話は変わるのですが、店舗の電気料金の請求がきました。

うちは店舗ごとに関西電力と契約するのではなく、

テナントビルのオーナーがビルごと大口契約して使用量に応じて料金請求が来るのです。

 

期間:2月27日〜3月9日

使用量:131Kwh

料金:12400円

 

ファッ!!?たたた高くね!?お金

普通は1Kwhって20〜30円(使用量や契約アンペアに寄るので)

そして基本料金いくらとか詳細が書かれてないので不満感爆発。

というか物件契約3月1日からなんだから2月27日からってのも納得できないし。

 

ビルのオーナーに電話して確認するも、

「大口契約で電圧あげてるから料金高いかも。

でも、そういうことを言ってきたテナントの方はいないからねえ」と言われ何も言えなくなってしまったゆう★

クレーマーと思われたくないじゃん。。。

 

一旦、来月の請求見て、基本料がいくらだったのかを少し考えてみようと思ってます。

ヤンチャ系の方には身構えてしまう

ボードゲームカフェ BRESPI のうままです。

 

土日のみ働いてくれるスタッフを探しています。

バイトルで3/23より募集するのですが良い人来てくれればいいと思います。

あとリクルート費用って割とかかりますね汗

そうでもしないと幅広い人に周知できないので仕方ないのですが手痛い出費ですガーンネコ


六角形ボードですがキレイにクリア仕上げできましたき

 

施工管理会社の担当者も褒めてくれました(社交辞令の可能性も・・・)

「少しサンドペーパーで研磨が足りてないかなぁ」とも言われまして、

「サンドペーパーは少しね!!」と友人に指示していたためだ、と後悔もあったり。

 

いつかのブログで言ってた火災報知器の囲み棚。

棚板の塗装はまだですが設置されました。

施工会社からは不格好と不評でしたが・・・どうなんでしょうぴのこ:)

 

昨日3/20からクロス張りの職人が来てくださってまずはクロスを剥がされました。

なかなかの散乱っぷり。

ちょっとヤンチャ系の職人さんでしたので、

私の呼吸も少し浅くなりそうでしたが任せるしかないですあせ

 

分かりづらいのですがトイレのクロスは貼り替えられてます。(腰高より上側)

 

トイレはトイレで洗面台の問題があるのですが、

それは設置される時にでも紹介します。

D.I.Y

ブレスピのうままです。

 

日曜は工事お休み。

その合間に予定していたとおりD.I.Yをやりました。

 

既に塗装済みの六角形ボードに、

サンディングシーラー塗布 → 紙ヤスリ → 仕上げクリア塗装

という作業工程でした。

 

作業をナメていました。

2時間くらいで終わるかなーと思っていたものの休憩含め8時間近くかかりました。

 

枚数も56枚あり、また乾燥しないと次の工程に移れない。

さらには56枚も重ならずに置き場所もなく休憩余儀なくされたり。

 

あっという間に時間は過ぎたのですが、終わってみるとなかなかの疲労感疲れ

手伝っていただいた、田村氏、和田氏には感謝しますき

 

 

終了時刻は19時近かったので部屋も真っ暗ですが汗

 

写真に写っているのは和田氏です。

作業の雑さに定評があります。

内装工事完了後に塗りが汚いのがあれば、彼のせいにしますべー

 

 

調色に失敗して超ショックとか言ってる場合じゃない

ボードゲームカフェ ブレスピのうままです。

 

少し問題がありました。

といっても、いつも問題があるのですが。

 

客室奥のサイド棚の天板の色が、机の色に合わせたはずだったのですが全然違う感じに仕上がっていたゆう★

 

中央の木片が机の色サンプル、その周りの黄色っぽいのがサイド棚、左下の濃い茶色は床(仮)です。

 

木工に対して着色するのは結構難しいのです。

木の素材や、木目の場所によってもペンキの吸収量が違ったり。

あと乾燥方法もドライヤーを使うのと自然でも違うとか。

今回も事前に色味をあわせたつもりなのですが、なぜか違う仕上がりになっていました。

 

わざわざテーブルの素材(アネグレというアフリカの木)と合わせた板を発注までしていたので、

痛恨のミスです。

 

工期もすっかり逼迫しており今更やり直しとなるとどうなるか・・・

恐る恐る施工管理の担当の方に電話電話

 

この時点で19時。

 

私「サイド棚板の色がテーブルのサンプルカラーと結構違うのですが色を濃くする方法ありませんか?」

担当「あー・・・厳しいっちゃ厳しいですね。もう仕上げも塗ってしまったので塗装し直すにも、塗装削って塗り直すか・・・」

私「うーん・・・工期も余裕あるわけでもないですし、厳しいのかもしれませんがなんとかなりませんか。」

担当「出来なくはないですが、来週からクロスの張替えがあるので塗装し直すとなるとスケジュールが厳しいかもしれません。」

私「そうですが。やってほしいですけど、お金ってどれくらいかかります?2,3万?」

担当「塗装材料だけでその価格なので、アネグレの手配となると・・・」

私「6万くらい?でなんとかなりませんか・・・」

担当「厳しいですが、最低でもそれくらいは・・・」

私「6万円は結構、悩みます。少し考えさせてください。」

担当「私もなにかいい方法考えてみます。」

 

13分もの間、電話で親身に相談に乗ってくださったけど具体的な解決策はお金と時間がかかる。。。

テーブルとサイド棚で色の違いは受け入れるしかないかなーと思っていました。

 

しかし、21時頃にショートメールが!メール

 

担当「奥の棚、出来る限り色合わせ致しましたので明日確認お願いします。クリアはまだかけてないのでまだ濃くなるかと思います。」

 

 

ファッ!?!?!?!?!?驚き

 

え!?え・・・!?

電話が終わってすぐに塗装の方に持ちかけたのでしょうか。

2時間の間に調色し直して、塗り直した?

土曜の夕方からですか。

 

本当にこのショートメールにどれだけ感動したことか。

もう出来栄えとかどうでもいいです。

棚板の色がたとえ紫だろうが、黒だろうが、もうどうでもいいです。

このエピソードだけで十分です。

 

担当の方は仕事とはいえ、

週6日フルで働かれているように見えて絶対に忙しいはずなのに・・・。

本当に嬉しかったです。

 

 

担当の方だけでなく、職人の方々も皆優しい方が多く、

自分の夢を色んな人に支えられ叶えられることを誇りに思っています。

知らない天井

ボードゲームカフェBRESPIのうままです。

 

知らない天井だ。

白で塗っただけですが。

 

天井の塗装が終わっていました。

天井は何を隠そうもともとついていた天井の使い回し。

会議室とかにあるコルクみたいな天井に白色を塗るだけというローコスト作戦です。

 

ジプトーンって名前みたいです。

 

このシワみたいな隙間を白に塗ることで一見すると真っ白の天井にも見えなくもない。

そんな天井に仕上げました。

しかし、よく見ると、隙間の跡がうっすら見えるのであんまり見つめないでください。

 

 

塗装作業は進んでいます。

カウンター天板も綺麗な仕上がりになってます。

先日、調色した六角形用のボードは着色が終わりました。

なんか緑が奇抜な色のような感じもするんですが、クリア塗装でもっと落ち着いた色になります。

(なるはずです。ならないと少し困ります。)

 

明日はいよいよ六角形のクリア塗装D.I.Y作業。

なんと2名も手伝ってくれる方が現れました。

人望パネェっす!

朝食後に調色

ボードゲームカフェBRESPIのうままです。

 

今日は朝から塗装の色合わせを行っていました。

塗装業者の方と木にオイルを塗る時に混ぜる色などの調整です。

 

 

赤っぽい茶色はカウンターテーブルやサイドテーブルや棚板などに使う色の調色です。

カリモク60のテーブルの色味に合わせています。

 

カラフルな色味はデザイン壁に貼り付ける六角形の色です。

こんな感じに六角形を敷き詰めた壁を一面作成します。

一応、上でデザイン案の色味に合わせてるつもりなんですが、

木は模様などで色味も異なるためどこまでキレイになるかは正直自信がなかったりしますゆう★

 

 

塗装は、色塗り、クリア塗装、紙やすり、仕上げクリア塗装をするんですが、

人件費も割とかかるので、六角形部分に関してはクリア塗装以降の作業はD.I.Yします。

不安要素だらけです汗

 

 

さて内装はいよいよ造作作業が大詰め。

(当初の予定では14日までだったのですが、騒音問題やらで遅れている?)

 

ボードゲーム棚は壁と棚板はもうつけられ塗装が始まっています。

 

カウンターはカリモクテーブルと同じアネグレ素材の天板のものが取り付けられました。

 

客席奥のサイドテーブルの天板(アネグレ)と石膏ボードも取り付けられています。

 

店内の造作は90%くらい完成していて、

もう店の構造自体はできています。

 

完成が近づくにつれてイメージずれが気になってくる

ブレスピのうままです。

 

ボードゲームの棚に石膏ボードがついて棚らしくなっていました。

 

撮影の向きが右の棚と左の棚で逆なので分かりづらいです。

 

入り口から左側の棚

 

入り口から右側の棚

 

棚板1つにどれくらい置けるのかなーとドミニオン空箱で試してみたところ、

棚板1つにつき18個置けました。

5段、4棚あるのでドミニオンだけでも360個も置けます。

 

ドミニオン1個5000円くらいなので、全部置くと180万円。

結構かかりますねゆう★

 

 

内装が完成に近づいている最近は何かと不安ごとが多いです。

事前に打ち合わせをして、話していたつもりでも詳細の指定なんかはお任せしてることが多く、

「え?これ想像してたのと違うけど・・・大丈夫なのか」という事が多い。

床のシート、コンセントの位置、棚板の奥行き、厨房の床上げ具合、トイレの広さ。

 

 

どっしり構えていたいと思いつつも、

まだ変だと思ったことの訂正が間に合うかもという葛藤に苛まれます_| ̄|○

 

 

 

木枠に石膏ボード貼れば壁っぽくなるもんなんだね

ブレスピのうままです。

 

内装工事進んでます。

14日までに造作工事と呼ばれるものは完了する予定です。

 

今まで片側にしかなかったボドゲ棚の仕切壁の木枠が増えていました。

 

少し引いて見るとこんな感じ。

棚板も下段には渡してあるので少し棚イメージがしやすい。

 

 

入り口の扉周りの壁にも石膏ボードがはられていたので、

厨房隣通路から外を見ると少し外が見える程度なんだなー。

 

厨房をフロアから見るとベニヤや石膏ボードで木枠が覆われていて、

やはりカウンターの様相が見えてきます。

 

今週の内装工事の予定は以下の通り。

13火:造作工事&防水工事完了

14水:造作工事完了&配管工事

15木:配管工事完了&塗装工事

16金:塗装工事&左官工事

17土:塗装工事完了&土間打ち

18日:うままがクリア塗装(DIY)

 

DIYが日曜に控えています。

手伝ってくれる人募集。

ご飯くらいならおごりますよ手

カウンターの高さについて

ブレスピのうままです。

 

厨房とトイレのブロック積みに壁の木枠を作られていました。

 

左は店内奥からと、右は店内入り口からの撮影です。

厨房はカウンター付きのため厨房から店内の客席を見渡すことができます。

 

カウンターを横の通路から見た感じ。もともと高さ1100mmになる予定だったが、1000mmに変更。

 

カウンターが1000mmになる理由。

 

お店が3階にあり、厨房区画は排水するために床を200mm程度あげる必要があるためです。

飲食店を開業するには厨房区画を水洗いできるようにする必要があります。

水を流すということは下階に水漏れなどがあってはいけないため、排水・防水工事をするのです。

厨房区画に冷蔵庫や作業台を置くと、これら機器の高さは一般的には800mmあるため、機器800mmに床200mmを足しこんだ1000mmが厨房区画の作業台の高さになります。

カウンターを低くする方法もあったのですが、カウンター越しにゲームの説明などができるようにしたかったため、高さを合わせました。

 

カウンター越しにサービスするBARや喫茶店とかって素敵だと思ってますき

そういうのイメージです。

 

フレッツ契約って呪いを引き受けるもの

ブレスピのうままです。

 

店舗の通信環境をと思い、フレッツ光の申し込みに電話すると罠だらけ。爆弾

なんなんだって話です。

 

ブレスピのオープンのために2回申し込みしましたが、

契約キャンセルする1回目の申し込みの話を。

 

WebでNTT西日本ページにあった電話番号にかけたつもりですが、

いつの間にか代理店のネットナビという場所から連絡がありました。

この時点は、まだそうかーというくらいだったのですが、

話を聞くとNTTの回線を使って、ソフトバンク光のサービスで行うと安くなるとか謎のことを言い始めます。

 

いや、あなたNTTの人間じゃないの?なんでSoftBank?

全くもって理解に苦しみました。ひやひや

 

そしてソフトバンク光のサービスでお願いします。

とすると、

「では、ソフトバンク光の代理店のライフバンクから電話をお待ち下さい。」とかなんとか。

この時点で関係性はカオスです。ムニョムニョ

 

しかし、油断してはいけません。

カオスなのは関係性だけではなく、

その契約内容にある、なんたら割引や、なんたらキャッシュバックがカオスすぎた。_| ̄|○

 

  • 回線契約については2年契約、自動更新2年、契約更新月以外の解約で違約金。
  • キャッシュバック申し込みは、開線後10ヶ月経過した1ヶ月間の申し込み期間に申し込んでください。
  • 光電話利用なら1ヶ月間無料の5000円分のセットパック入ればさらにキャッシュバック。(ただし、1ヶ月後に解除しないと、毎月の料金+5000円です。)

 

もう訳がわかりません泣き顔泣き顔泣き顔

何ヶ月後に解除できるとか、お金が返ってくるとか、

こういうシステムを説明する側も大変だと思うんですよねぇ。

 

契約とは別に、お使いの携帯電話はSoftbankにするなら更にお安くなりますので、

また電話しますね。という呪い(セールス)の宣告まで受けました。

 

「いや、ライフゼロです。勘弁してください。」

と丁重に断固として断りました。